分析・故障解析
Analysis
分析・故障解析

高さ82cm、重さ50kgまでのサンプルが鮮明に撮影できる、ハイパワーX線CT

概要

X線は非破壊で内部情報を取得する代表的な手法として、幅広い需要がありますが、その需要は近年自動車業界を中心に、小型の部品から大型の部品へ推移しています。
CT Compactは高出力のX線管を搭載しており、他のX線装置では観察が困難な大型のサンプルに対しても、鮮明な撮影が可能となります。
当装置は、自動車産業の本拠地である愛知県にある弊社「名古屋品質技術センター」に設置されております。
サンプルをお持ち込み頂き、御立会による観察のデモンストレーションもお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

CT Compactの特長

1.450 kVのX線管を搭載
従来使用してきたX線管(160~225 kV)よりも、非常に大きい出力が可能となり、大型の鋳造品等、観察が困難なサンプルに対しても観察が可能となりました。
2.ファンビームX線によるノイズの低減
下図左側のコーンビームX線は、サンプルを1周させることで、サンプル全体あるいは観察対象箇所全体をスキャンします。
そのため短時間でのスキャンが可能となりますが、重金属などX線吸収量が大きい材料では、X線の散乱等の影響を受け、アーチファクトと呼ばれるノイズが発生することがあります。
一方で、下図右側のファンビームX線は、1周あたり1断層分しかスキャンできないため、スキャンに長時間を要します。
しかしながら、散乱線の影響を受けにくく、アーチファクトを低減することができます。
本装置はファンビームX線管を採用しており、重金属のようなX線吸収量が大きい材料の観察に有用です。

CT Compact設備紹介

製品名:YXLON CT Compact XL-Mag
最大スキャンサイズ:φ600 × H750 mm
(サンプルは、H820mmまで設置可能
最大サンプル重量:50 kg
最大管電圧:450 kV
分解能:約400μm~1mm(サンプルの材質や透過性により変動致します)
最大出力:700Wまたは1500W
検出ピクセルサイズ:254μm

主な観察対象

・重金属鋳造品
・アルミダイキャスト
・ゴム・樹脂材料
・複合材料
・大型部品
・モータ
・インバータ
・ECU
・半導体モジュール

観察事例①

●車載駆動モータ(約20kg)
本機450kV
・右写真上段 3Dで構造把握が可能
・右写真中下段 所望の平面や断面位置での詳細な観察が可能

観察事例②

●車載ブロアモータ
他社225kV 対 本機450kV
・右写真中段 他社225kV→モーター部は透過出来ず
・右写真下段 本機450kV→モーター部も透過可能

観察事例③

●電子スロットルバルブ
他社225kV 対 本機450kV
・右写真中段 他社225kV→モーター部は透過出来ず、ノイズも多い。
・右写真下段 本機450kV→モーター部もしっかり透過。ノイズも非常に少ない。