信頼性試験
Reliability
Test
信頼性試験

塵埃試験(浮遊式)

概要

塵埃の厳しい使用環境でも各種の部品が正常に機能することが要求され、特に自動車のエンジンルームは最も塵埃環境が厳しいと言われています。本試験は使用環境に合わせて耐塵埃性を評価することを目的とした試験です。

試験設備紹介

・自社開発設備:JIS D 0207準拠
・制御方式:風洞循環方式
・風  速:0.5~15.0m/s
・最大風量:65m3/min
・砂塵種類:関東ローム(8種類)、アリゾナダスト等
・塵埃濃度:0.0~17.0g/m3
・温湿度範囲:常温常湿
・サンプル設置エリア:
 W700×H500×D500mm【関東ローム(8種)】
 W750×H900×D750mm【アリゾナダスト等】
・試験エリア全容積:
 0.5m3【関東ローム(8種)】
 0.8m3【アリゾナダスト等】
・試供品MAXサイズ:W300×H250×D200mm

自社開発設備外観

対応規格

JIS D0207、ISO 20653、JIS C0920