クオルテック

受託分析、故障解析、信頼性評価から研究開発まで
トータルクオリティソリューションの「クオルテック」


クオルテック > 品質技術 > 品質技術 > バラツキの要因は5Mではなく、1M(Man)だけである

品質技術

  • 品質技術2014/05/07

バラツキの要因は5Mではなく、1M(Man)だけである

バラツキの要因は?

従来の品質管理において、不良の原因はバラツキであり、そのバラツキは5つの要因(Material:材料/Method:方法/Machine:機械/Measurement:測定/Man:人間)があるとされています。しかし我々は、不良に直接つながっているバラツキは1M(Man)だけであると考えます。設備が劣化し故障することや材料が変動している場所もあるが、それも事前に受け入れ検査し、保守・点検を確実に実施しておけば、正常な状態に戻すことができます。つまり人間がミスを犯したり、手抜きをしたりしなければ不良発生は防げます。
ゼロのモノづくりは、1M(Man)のバラツキを徹底的に抑えることが重要。そのためにはまず、システムや環境を見直し、誰でもミスを犯さない工場に改革することから始めなければなりません。

バラツキの要因は5Mではなく、1M(Man)だけである

  • 事業内容に関するお問い合わせ
  • 各センターの見学をご依頼の方

一覧へ戻る


PAGETOP


本社 大阪府堺市堺区三宝町
4丁230番地
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
2号館 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231番地
TEL:072-282-6646
FAX:072-282-6648
信頼性試験センター 大阪府堺市西区築港新町
3丁27-6
TEL:072-245-1668
FAX:072-339-4208
東京テクニカルラボ 東京都大田区大森南
3丁目12-1
TEL:03-6423-2031
FAX:03-6423-2032
東京営業所 東京都大田区大森南
3丁目12-1
TEL:03-6423-2031
FAX:03-6423-2032
8号館 大阪府堺市堺区鉄砲町
32-1
TEL:072-275-7711
FAX:072-275-7500