クオルテック

受託分析、故障解析、信頼性評価から研究開発まで
トータルクオリティソリューションの「クオルテック」


クオルテック > 事例紹介 > 信頼性試験 > 電子部品の急速温度サイクル試験

事例紹介

  • 信頼性試験2018/03/15

電子部品の急速温度サイクル試験

概 要

 温度サイクル試験は、外部環境および自己発熱による温度が繰り返し変化する状況を想定し、熱ストレスを与えて耐性を確認する試験です。温度の変化または温度変化の繰り返しが、電子部品や機器に与える影響を確認します。

冷熱衝撃装置

 試料へ均一な温度ストレスを与える2ゾーン方式です。
MIL-STD-883、JIS C 60068-2-14などの規格試験に対応します。

【特徴】
1)テストエリアが高温槽⇔低温槽へと昇降移動でさらしに切り替わるために、設定温度への到達が早く、試験時間を短縮します。
2)試料の温度復帰を15分以内で実現します。

【設備情報】
■型式:TSD-101-W
■メーカー:エスペック株式会社
■テストエリア内容量:100ℓ
■テストエリア耐荷重:30kg
■温度範囲:
高温さらし+60~+205℃/低温さらし-77~0℃
■テストエリア寸法/外法(mm):
W710×H345×D410 /W1,100×H1,885×D1,965

電子部品の急速温度サイクル試験

急速温度変化チャンバー

 試験要求が厳しくなる車載用部品の環境試験にベストマッチした恒温恒湿器です。

【特徴】
1)306Lの大容量で、10℃/minの急速温度変化能力と湿度制御機能を兼ね備えています。
試料の温度を制御しながら、周囲の温度も急速に変化させることが可能です。

2)試験規格IEC60749-25 Tempera Cycling(JESD22-A104-B)で要求されている温度変化率10~15℃/minや、JEDEC規格(米国)のJESD22-A104-B(IEC60749-25)温度変化率15℃/minなどにも規定されており、より市場再現性の高い評価方法が求められています。

【設備情報】
■型式:HRS-306M
■メーカー:エスペック株式会社
■槽内容量:306ℓ
■温度範囲/湿度:
-40℃〜+180℃/20〜98%rh
■温度変化速度:10℃/1min
■槽内サイズ/外法(mm):
W600×H800×D600 /W1,050×H1,975×D2,159

電子部品の急速温度サイクル試験

  • 事業内容に関するお問い合わせ
  • 各センターの見学をご依頼の方

一覧へ戻る


PAGETOP



本社・分析センター 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231-1
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
レーザ加工・表面処理実験室 大阪府堺市堺区三宝町
4丁230番地
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
研磨センター 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231番地
TEL:072-282-6646
FAX:072-282-6648
PC試験装置開発室 大阪府堺市堺区鉄砲町
32-1
TEL:072-275-7711
FAX:072-275-7500
信頼性試験センター 大阪府堺市西区築港新町
3丁27-6
TEL:072-245-1668
FAX:072-339-4208
東京営業所/東京テクニカルラボ 東京都大田区大森南
3丁目12-1
TEL:03-6423-2031
FAX:03-6423-2032