クオルテック

受託分析、故障解析、信頼性評価から研究開発まで
トータルクオリティソリューションの「クオルテック」


クオルテック > 事例紹介 > 微細加工 > CO₂レーザ加工事例

事例紹介

  • 微細加工2014/02/16

CO₂レーザ加工事例

ラージウィンドウ加工

CO₂レーザの波長領域では、銅層の表面でレーザ光が反射されるため、加工が困難です。
そのため、予め穴形成周辺の銅層のみ、エッチング除去してから加工を行うラージウィンドウ加工を行っています。

CO₂レーザ加工事例

銅ダイレクトBVH加工

高密度化、高微細化の要求が多くなると、パターンと照射位置のズレが大きな弊害となっていました。
そこで、銅箔を直接レーザで加工する銅ダイレクトBVH加工を採用しています。
レーザ光の吸収率を高めるため、銅層の表面にレーザ吸収層を設けて、銅層の加工を行えるようにしています。

CO₂レーザ加工事例

銅ダイレクト多層貫通加工

従来は、コアキオ一層の貫通のところを、レーザ加工機の性能向上と加工条件の最適化で、4層積層板貫通も可能となりました。

CO₂レーザ加工事例

シリコーンゴム加工

UV-YAGでは加工できないシリコーンゴムをCO₂レーザで加工しました。
電子部品用の材料でなくとも加工可能なケースがあります。

CO₂レーザ加工事例

市販品両面テープへの外形加工

補強板の形状に合わせて、個別に貼り付け可能となる両面テープを精度良く加工できます。

CO₂レーザ加工事例

大径コンフォーマル加工

コンフォーマル径650µmを加工しています。
加工機ビーム径ではカバーできないので、データを多点配置して均一な仕上がりとしています。

CO₂レーザ加工事例

まとめ

HITACHI LC-2F21B/1C,HITACHI LC-2E21B/1C,HITACHI LC-2G212/2C,HITACHI LC-2K212/2C,
HITACHI LC-2L252/2C,HITACHI LC-2LA252/2C
と旧タイプから最新タイプまで幅広いラインナップでお客様の要望にお応えします。

コンフォーマル加工・ラージウィンドウ加工・Cuダイレクト加工・その他工法と幅広く対応しております。

標準価格
別途ご相談
  • 事業内容に関するお問い合わせ
  • 各センターの見学をご依頼の方

一覧へ戻る


PAGETOP


本社・分析センター 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231-1
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
レーザ加工・表面処理実験室 大阪府堺市堺区三宝町
4丁230番地
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
研磨センター 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231番地
TEL:072-282-6646
FAX:072-282-6648
PC試験装置開発室 大阪府堺市堺区鉄砲町
32-1
TEL:072-275-7711
FAX:072-275-7500
信頼性試験センター 大阪府堺市西区築港新町
3丁27-6
TEL:072-245-1668
FAX:072-339-4208
名古屋品質技術センター 愛知県豊明市西川町笹原
28-8
TEL:0562-57-3477
FAX:0562-57-3476
東京営業所/東京テクニカルラボ 東京都大田区大森南
3丁目12-1
TEL:03-6423-2031
FAX:03-6423-2032