クオルテック

受託分析、故障解析、信頼性評価から研究開発まで
トータルクオリティソリューションの「クオルテック」


クオルテック > 事例紹介 > 分析・故障解析 > 熱抽出/熱分解GC/MS分析

事例紹介

  • 分析・故障解析2021/08/06

熱抽出/熱分解GC/MS分析

概要

主に固体試料(一部液体試料)を加熱し、ガス成分を分析します。

特長

①熱脱着GC/MS
約300℃で加熱することで、比較的低分子成分(添加剤等)を分析します。

②熱分解GC/MS
約600℃で加熱することで、主剤成分をガス化させて成分を分析します。

①と②を組みあわせることで、高分子材料を詳細に分析できる強力な分析手法となります。

熱抽出/熱分解GC/MS分析

設備紹介

・型式:マルチショット・パイロライザー
           EGA/PY-3030D
・メーカ:フロンティア・ラボ(株)製
【熱分解管材質】・石英製
【熱分解加熱炉】・温度制御範囲
室温プラス10~1050℃

熱抽出/熱分解GC/MS分析

分析用途

・各種高分子成分
・樹脂中の添加剤成分

分析例:ゴム系材料の詳細成分分析
前処理:なし
熱脱着GC/MS⇒熱分解GC/MSのダブルショット






<分析結果より>
分析対象のゴム系材料は、PVC(ポリ塩化ビニル)という表記でしたが、詳細に分析した結果、主材としてポリ塩化ビニルと、シリコーン系材料が使われていました。
また、やわらかさを付与するために、塑剤にはフタル酸エステル類が使われていると考えられます。

熱抽出/熱分解GC/MS分析

  • 事業内容に関するお問い合わせ
  • 各センターの見学をご依頼の方

一覧へ戻る


PAGETOP


本館(分析センター) 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231-1
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
1号館(レーザ加工・表面処理実験室) 大阪府堺市堺区三宝町
4丁230番地
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
2号館(研磨センター) 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231番地
TEL:072-282-6646
FAX:072-282-6648
3号館(レーザ加工室) 大阪府堺市堺区三宝町
4丁234-1
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
4号館(品質技術本部・信頼性試験課・実装技術研究課) 大阪府堺市堺区三宝町
4丁233-2
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
6号館&7号館(信頼性試験センター) 大阪府堺市西区築港新町
3丁27-6
TEL:072-245-1668
FAX:072-339-4208
8号館(パワエレ試験装置開発室) 大阪府堺市堺区鉄砲町
32-1
TEL:072-275-7711
FAX:072-275-7500
名古屋品質技術センター 愛知県豊明市西川町笹原
28-8
TEL:0562-57-3477
FAX:0562-57-3476
東京営業所 東京都大田区大森南
3丁目12-1
TEL:03-6423-2031
FAX:03-6423-2032