クオルテック

受託分析、故障解析、信頼性評価から研究開発まで
トータルクオリティソリューションの「クオルテック」


クオルテック > 事例紹介 > 分析・故障解析 > 非破壊解析技術 3D-CSAM

事例紹介

  • 分析・故障解析2018/07/24

非破壊解析技術 3D-CSAM

C-SAM(超音波顕微鏡)によるアバランシェ破壊痕の精査

通常の時間軸による解析画面では、工程をある程度含んだ画像になります。そのため、パワーデバイスのアバランシェ破壊痕を解析する場合などで、時間軸に含まれた情報を見逃してしまう可能性があります。
そこで周波数分解機能および3D-CSAM機能により、現象を把握し、解析精度を向上しました。

※使用設備
高精度超音波顕微鏡「C-SAM Gen6」
Nordson Sonoscan社製

非破壊解析技術 3D-CSAM

時間軸解析(一般的な解析)

超音波による解析は、A-SCANデータからチップの傾きや反り、不具合箇所の状態を配慮し、広めにゲート範囲を設定して、波形および平面画像を取得します。それらの情報から技術者の経験により、工程を含めた不具合を推測しています。

非破壊解析技術 3D-CSAM

深さ情報可視化と3D化

全点波形取り込み機能「VRM」から高さ情報を確認し不具合箇所の詳細を確認します。全点波形取り込みデータから3D画像を作成し従来の時間軸映像では検出しにくい部位を立体映像構築します。黄色の丸囲み部は、はんだ内で異常突出している箇所です。また、周波数分解にて、ピーク周波数画像と周波数のシフト情報から、高さを正確に求められる可能性があります。

非破壊解析技術 3D-CSAM

周波数軸解析 高さ情報の精度アップ

フーリエ変換(FFT)データ測定とは、周波数軸にてフーリエ変換し、ピーク周波数の単一画像を取得して、具合箇所の状態確認等をする手法です。右下図の黄色の丸囲み部は、3D-CSAM画像にて特定した異常突出箇所になります。

非破壊解析技術 3D-CSAM

  • 事業内容に関するお問い合わせ
  • 各センターの見学をご依頼の方

一覧へ戻る


PAGETOP



本社・分析センター 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231-1
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
レーザ加工・表面処理実験室 大阪府堺市堺区三宝町
4丁230番地
TEL:072-226-7175
FAX:072-226-7176
研磨センター 大阪府堺市堺区三宝町
4丁231番地
TEL:072-282-6646
FAX:072-282-6648
PC試験装置開発室 大阪府堺市堺区鉄砲町
32-1
TEL:072-275-7711
FAX:072-275-7500
信頼性試験センター 大阪府堺市西区築港新町
3丁27-6
TEL:072-245-1668
FAX:072-339-4208
東京営業所/東京テクニカルラボ 東京都大田区大森南
3丁目12-1
TEL:03-6423-2031
FAX:03-6423-2032